主なカテゴリ
  • アジア共同体講座開設 大学への助成
  • 研究機関・研究者への助成
  • その他の助成
  • アジア共同体講座開設 大学一覧

よくある質問|FAQs

よくある質問

講座開設に関わる質問

Q.講座開設に対する助成申請をしたいのですが、どうしたら良いでしょうか?
A.ワンアジア財団ホームページ上の「募集要項・申請書・結果報告書」から助成申請フォーム(日本語・英語)がダウンロードできます。 当財団の設立趣旨・活動内容・助成に対する考え方等をよくお読みになり、ご理解いただいた上で申請を行ってください。
Q.どういった内容のシラバスを作成したら良いのでしょうか? 具体的なイメージがわかないのですが。
A.このホームページ上の「助成先一覧」に既に講座を開設し、助成対象となった大学のシラバス(日本語・英語)が公開されていますので、そちらをご参考ください。
Q.シラバスをどう作るかにあたって、何かアドバイスはありますか? オムニバス形式が多いようですが?
A.どのような形式にするかは、あくまでも大学が自主的に決めることであり、財団が云々することではありませんが、多様なテーマと多様な分野からのアプローチが望ましいので、(外部講師を含め)できるだけ多くの講師が参加するオムニバス方式での授業をお勧めします。
Q.講座に何か条件はありますか?
A.助成対象とする講座は、大学の規則に基づく正規の科目として認められ、かつ学期等一定の期間に、一定の授業数(授業時間 x コマ数)が確保されている講座とします。 従って、大学における単位認定が原則となります。
Q.申請時期は、講座開設・授業開始のどのくらい前までに行ったら良いのでしょうか?
A.原則として講座開設の3ヶ月前までとしております。大学内の手続き等で、どうしてもその期間内での申請が出来ない場合は、財団事務局までご相談ください。
Q.助成金の振込先に制約はありますか? 大学への直接振込のみですか?
A.助成金の振込先は、大学所定または大学が管理する付属機関所定の正式な金融機関の口座へ直接振込のみとさせて頂きます。
Q.大学独自では専門の講師がそろえられない場合は、どうしたら良いですか?
A.大学外の講師に講義をお願いすることは、全く問題ありません。外部講師の招聘に関わる経費等を考慮して助成を行うこととしています。適当な講師にお心当たりがない場合には、財団がご紹介することも可能です。ご相談ください。
Q.外部講師の招聘は助成に必要な条件ですか?
A.前述した通り、シラバスの内容は大学が自主的に決めることであり、大学外の講師が含まれているかどうかが助成の必要条件ということではありません。ただし、外部講師を招聘することにより費用が多く発生するかどうかは、具体的に助成金額を決定する際の考慮点にはなります。
Q.具体的な金額はどのようにして決まるのでしょうか?
A.個々の申請の助成金額は、審査基準に基づいて当財団の選考委員会で審査の上決定します。具体的には、所得水準を示す指標、大学の規模(総学生数、講座開設予定の学部・学科の定員)、受講対象となる学生数および講座を担当する講師陣(専門分野・分担の度合、外部講師の招聘)等を総合勘案の上決定します。
Q.講座の名称とシラバスの内容について何か縛りがありますか?
A.講座の名称は、大学の自主性・自由を尊重します。ただし、助成金は将来のアジア共同体の創成に向けた、アジア共同体に係る講座の開設に対して行うものですから、講座名・シラバスの内容は当然その範囲を大きく逸しないことを要請されます。
Q.講座開設対象学部に何か制限はありますか?
A.全学対象とするか、特定の学部とするか、専門課程を対象にするか、教養学部を対象とするかは問いません。理工系の学部でもかまいません。
Q.3年目以降の講座へも助成を行っているようですが?
A.助成はあくまでも2年目までです。
3年目以降は、大学において講座が定着・継続される等、一定の条件を満たせば個別に審査の上、助成されることもあります。

奨学金制度についての質問

Q.助成事業として奨学金制度があると聞いていますが、その内容について教えてください。
A.ワンアジア財団の奨学金制度は、一般学生を対象とする通常の奨学金制度とは異なり、当財団が助成したアジア共同体に係る講座を受講している学生(聴講生を含む)を対象としています。
Q.講座開設助成金の中から必要な資金(奨学金)を出すのですか?
A.講座開設の助成金とは別枠になります。
Q.具体的な金額や人数の決め方はどのようになるのでしょうか?
A.奨学金の総額は、講座開設助成金の最大20%までとなっており、受講する学生の数等を勘案して決定されます。(例: 講座開設助成金が400万円 → 奨学金は最大80万円まで)
Q.奨学生の選抜は、どのように行うのでしょうか?
A.大学が奨学金支給の対象となる学生の推薦を行い、財団が承認し決定されます。大学は公平に審査の上、責任者(原則として学部長またはこれに準ずる立場にある者)が、推薦者を決定し財団に推薦するものとします。
Q.奨学生のランク付けやそれに対する奨学金額はどのようにすれば良いですか?
A.財団は大学と奨学金の総額を決めるのみで、奨学生の選考方法や位付け、それぞれの位の奨学金額等は全て大学の裁量に任されています。ただし、より多くの学生が奨学金の対象となるよう、ランクの数は3~4ランク程度にして頂くようお願いしております。
Q.奨学証書(賞状)は、大学が準備するのですか?
A.奨学証書と賞金は財団が準備をし、原則理事長が表彰式で学生に直接授与します。

その他の一般的な質問

Q.ワンアジア財団の活動に、何か宗教的な背景はありませんか?
A.ワンアジア財団は、いかなる宗教・宗教団体とも関わりはありません。当財団の活動は、思想・信仰・宗教に関する一切の権利を拘束しません。また、それらの活動も行いません。個人の思想・信仰・宗教は、最も尊重されるべきだからです。
Q.宗教的な背景を持つ大学(例:ミッション系の大学)は、助成の対象になりますか?
A.財団の基本理念である「将来に向けたアジア共同体の創成に寄与する」ということであれば、宗教的な背景を持つ大学、いわゆるミッション系の大学での講座開設も助成の対象になります。
Q.ワンアジア財団が目指す「アジア共同体」とは、これまで、あるいは現在提唱されている「アジア共同体」(東アジア共同体、東北アジア共同体等)と何が違うのですか?
A.当財団における「アジア共同体」の「アジア」とは、広く中央アジア、モンゴル、南アジアを含みます。日本・中国・韓国の3ヶ国を中心とする北東アジア共同体、ASEANを加えた東アジア共同体(多少の幅があります)とは、そのとらえ方・範囲が違います。
Q.では、財団の「アジア共同体」の基本理念に合致しなければ、助成対象とはならないのですか?
A.財団の基本理念は、国・国境・民族の壁を乗り越えていこうとすることにありますから、方向性が同じであれば複数のアプローチがあっても良いと思います。従って、助成の対象となるか否かは、講座の内容次第ということになります。具体的には、選考委員会の審査と理事会の決定に委ねられます。
Q.ワンアジア財団は、政府あるいは官とのつながりはあるのですか?
A.ワンアジア財団は、個人資産の寄付という純民間の資金によって運営されています。官との関係では、一線を画して活動を展開しており、この方針は今後とも堅持していきたいと考えています。
Q.ワンアジア財団は純民間の組織ということですが、国または国の関係機関による支援や助成とはどのような違いがあるのでしょうか?
A.国が関わる組織による支援は、国を代表し、かつ公的資金を使用する性格上、その国の立場や国益から完全に離れることはできません。
当財団の場合は、基本理念にある通り、国や民族についてそのアイデンティティの大切さを尊重しつつ、国家や国民の概念を乗り越え、将来に向けて「アジア共同体」の創成を目指そうという活動に支援を行います。従って、ひとつの国の利益ではなく、アジア全体の利益につながることを優先して活動を行っています。

このページのTOPへ